■■■帯廣神社(帯広神社) 最新ニュース■■■
 縁結エンムス絵馬エマ かつらぶみ 授与ジュヨのおしらせ    
katsurabumi.jpg
縁結び絵馬 『桂文(かつらぶみ)』 今年の授与は4ツキ25からです
万葉集で詠われ月にいるといわれている美男子「かつら男」と美女「かぐや姫」
帯廣神社の境内には可愛らしいハート形の葉が特徴の桂の木があります。
この葉を模した『桂文』(縁結び絵馬)に、まだ結ばれぬあなたの「かつら男」
もしくは「かぐや姫」への想いを込めた恋文(願い事)をしたためて、結びましょう。
帯廣神社の三柱の神様のうちの、大那牟遅神は、縁結びのご利益がある大国主神の
別名で 「大黒さま 」としても慕われています。
きっと皆様方に良いご縁を結んで頂けると願っております。
『桂文』(絵馬)は、毎年境内に桂の葉が芽吹く4月中旬から10月の期間、
神門内の授与所のみで授与しております。
  (神門の開いている時間にしか授与できません)
  初穂料は一体500円です。
『桂文』(絵馬)に願い事(恋文)を、書いて境内所定の桂の木の前にある結び処に、
願いを込めてしっかりと結びつけて下さい。
なお、一年間で託された『桂文』(絵馬)はその年の暮れに、
結び処から社殿内で大切に保管し、
翌年の8月15日のホシまつり祈願キガン祭でお焚き上げ致します。
また、満月を迎えるその日だけは、まれに紅葉する桂の葉を模した
特別の色の絵馬を授与させて頂きます。
令和 元 年の満月のご案内 
 5月19日(日)
 6月17日(月)
 7月17日(水) 
 8月15日(木) 
 9月14日(土) 
10月14日(月)
■「シマエナガみくじ」サイ頒布ハンプのおしらせ